快挙! 第48回紀伊国屋演劇賞
       
      有明新報 4月30日
  
 
 
 大牟田市出身で東京都在住の女優、林田麻里さんは4月28日、同市役所を訪ね、古賀道雄市長に第48回紀伊国屋演劇賞を受賞したことを報告。「これからも真摯に作品に取り組んでいきたい」と喜びと決意を表した。
 林田さんは明光学園高校、九州大谷短期大学演劇放送コースを卒業し、福岡市で活動した後、2000年に上京。現在、舞台、テレビCM、ドラマ、映画と幅広い分野で活躍している。同賞は東京で上映された演劇公演を対象にしたもので、平成25年度は草笛光子さんら5人が個人賞を受賞。今年1月21日に贈呈式が行われた。
 この日、林田さんは「大牟田の皆さんに報告できるような賞を頂きましたことをうれしく思っています。」と話し、賞状を披露。古賀市長は「林田さんの演技に対する真摯な姿勢と表現力の巧みさが評価されてのものであり、それだけに自信と今後の励みになるのではないかと思います。大牟田でも林田さんの演技が鑑賞できる機会が来ることを楽しみにしています」と祝辞を述べていた。
                                                                   河野美緒
 
       この記事は有明新報様の許可を得て掲載しております。
       なお河野記者も明光学園高等学校の卒業生です。